共和産業株式会社は境港の「朝獲れのお魚」新鮮さをそのままお届けします
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2018年3月

月別アーカイブ: 2018年3月

マンボウ、新船第28天祐丸

マンボウがありました。 箱に入らないので運ぶのが大変。 肝は珍重されます。 旋網運搬船ニユーフェイス 第28天祐丸の入港です。 共和産業からお伝えしました。

アカラ

アカラ 底曳で獲れるメバルの仲間です。 煮付けて食べるのが一般的。 淡白な味を楽しんでください。 ノドグロレベルを期待するとがっかりします。

チカメキントキ

チカメキントキが目立つ鮮魚セット 旋網はマイワシの魚影が薄くなり 隠岐の船団は休み。 大型旋網船団はサバを追いかけています。 共和産業

モンゴウイカ

モンゴウイカは岸に近い藻場で産卵します。 その習性を利用して篭で獲ります。 吐き出す墨に往生することもありますが、 刺身はとてもうまいのです。

ノドグロ、サバ

とびきりうまそうなノドグロです。 煮付けて食うととびきりうまそうですが、 塩焼きも捨てがたいですね。 中央のサバが目立つ鮮魚セット。 鮮度良好なので刺身がおすすめ。

旋網マイワシ大漁

大漁が続いています。 マイワシが卓越しているようです。 旋網入札風景。 魚槽一杯のマイワシ マイワシ

旋網マイワシ

時化が止んで旋網船が戻ってきました。 マイワシが750㌧。 獲れたてイワシの刺身はうまいですよ。  

ニシン

鮮魚セットにニシンが登場。 山陰沖では春と秋にニシンが獲れます。 ニシンは北海道の魚というイメージですが、 当地でも揚がり、鮮度も良いので刺身でいただきます。

ホウボウ

ホウボウ、コウイカ、ボッカ、サヨリ、サワラ で鮮魚セット。 写真左上にホウボウがありますが、 「ホウボウはフライで食うのがうまい」 と荷受のK君が言ってました。 皮が特にうまいということです。

ミズダコ

セリ場を動き回るミズダコ、 簡単でうまいのは塩ゆで1分、抜群です。

Page 1 / 212

共和水産株式会社のサイトへ

共和水産株式会社のサイトへ

共和産業《長崎》

共和産業《長崎》

先輩の声

先輩の声
PAGETOP
Copyright © 共和産業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.