共和産業株式会社は境港の「朝獲れのお魚」新鮮さをそのままお届けします
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 月別アーカイブ: 2018年4月

月別アーカイブ: 2018年4月

アマダイ

アマダイが入荷しました。 焼いて食べてうまいサカナですが、 酒蒸しも試してみてください。 開いてふり塩して、 蒸し器で蒸しながら酒を振りかける。 酒は霧吹き(噴霧器)をかけると便利です。

養殖だけど天然ギンザケ

美保湾ではギンザケの養殖がおこなわれています。 ギンザケはときどき脱走するようです。 写真の下のサカナは養殖ギンザケですが、天然で上場されていました。

でかいハモ

でかいハモが揚がりました。 目方は8.1kg 黄色がかった大きなメスです。 湯引きにしたらうまいでしょう。

イサキ

産卵前のこの時季、イサキはどんどんおいしくなります。 刺身、焼き、煮付け等々なんでもうまく食べられます。 三枚卸の皮目側を熱したフライパンに押し付けて、じゅっと焼き目をつけていただく。 うまいです。

モンゴウイカ、旋網

モンゴウイカ 表面の紋様がきれいです。 だから紋甲イカ。食ってもうまいですよ。 旋網はサバ、アジ、ハマチなどで425㌧

ヨコワ

ヨコワが揚がっていました。 初夏を感じます。 抜きで上場なので使いやすいですね。 底曳もんのセリ風景

30kg超ヒラマサ

ヒラマサ デカイです。 30kgあると小型ホンマグロ並み。 たっぷり刺身がとれそうです。

旋網のサバ

旋網で獲れる小さめのサバはローソクサバとも呼ばれ、 写真のように冷凍され、養殖マグロの餌、アフリカ諸国の人々の焼き魚、東南アジア諸国の缶詰メーカーの原料として使われています。 ふ

旋網大漁

旋網大漁です。 アジ 460㌧ サバ 730㌧ マイワシ 20㌧ ワラサ 30㌧ 入札風景ですが、セリ人達はヘルメットをかぶっています。 工場現場みたいですね。

養殖銀鮭

境港の美保湾では養殖銀鮭の生鮮出荷が始まりました。 写真は共和水産の玄関前にある銀鮭のオブジェ。 境港にはこのようなサカナのオブジェがたくさんあります。

Page 1 / 212

共和水産株式会社のサイトへ

共和水産株式会社のサイトへ

共和産業《長崎》

共和産業《長崎》

先輩の声

先輩の声
PAGETOP
Copyright © 共和産業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.